★<日本ユニセフ>が絶賛している在日朝鮮人原作「闇の子供たち」という極悪捏造反日映画。

今、ネット上で「闇の子供たち」という映画が問題になっている。
この映画は梁石日(ヤン・ソクイル、ヤン・ソギル)という在日朝鮮人が書いた同名小説を映画化したもので、内容はタイを舞台にした幼児売買春と人身売買とそれに伴う臓器売買といったテーマを描いた作品だが、
このストーリーの中で日本人が加害者として描かれている
しかし、その様な事実(日本人が加害者)は根拠、証拠も無い全くのデタラメで有る。
しかし、この映画の公式サイトhttp://www.yami-kodomo.jp/では、いかにも事実であるかの様な紹介を執拗に行っている。
(注; 画像をクリックすると拡大します。)
画像

画像

画像


先にも書いたが、この映画は梁石日(ヤン・ソクイル、ヤン・ソギル)という在日朝鮮人が書いた同名小説を映画化したものてある。
周知の通り、在日は朝鮮学校や韓国学校で捏造史を元にして捏造された反日教育を徹底的に教えられ洗脳されるので反日思想に凝り固まっている。
この梁石日(ヤン・ソクイル、ヤン・ソギル)という輩はウィキペディアによると在日朝鮮人の解放運動に参加している事から見て反日思想であるのはほぼ間違い無いであろう。
何故なら、在日朝鮮人の解放などという事は全くやる必要が無いからである。
何故必要で無いか、それは奴等は在日特権というものを傘にして日本人を逆差別化して日本国籍も持って無いのに日本人が納めた血税を搾り取って伸う伸うと暮らしているからだ。
この件について詳しくここで書くと長くなるので
http://www.zaitokukai.com/
http://ameblo.jp/doronpa01/
と、動画
http://jp.youtube.com/profile_videos?user=zaitokukai&p=v
あたりを参照して頂きたい。

つまり、梁石日(ヤン・ソクイル、ヤン・ソギル)という人物は反日思想に洗脳され毒されている輩であり、この「闇の子供たち」という映画はその様な輩が書いた小説を映画化した作品だという事なのだ。

そして、この「闇の子供たち」という映画を応援しているのが「日本ユニセフ」という団体なのだ。
画像

しかも、御覧の通り、
先にも書いた様に、この作品の内容はその様な事実(日本人が加害者)は根拠、証拠も無い全くのフィクションであるにも関わらず
「実際に起っている「現実」を映し出しています。」
と紹介しているのである。

更に、この作品はタイでも上映予定だったが中止になっている
------------
(以下、http://www.j-cast.com/2008/09/24027451.htmlより転載。)
「 タイでの人身売買を描いた日本映画「闇の子供たち」が、あたかも実話のように宣伝していることに批判が出ている。タイでは、映画そのものも「イメージがよくない」として映画祭で上映中止に。

「人身売買の現実」とうたい誤解与える
公開中の邦画「闇の子供たち」は、主人公の新聞記者男性がNGOボランティア女性と協力して、タイでの幼児人身売買・売買春の実態に迫っていくというストーリー。「亡国のイージス」などで知られる阪本順治監督の作品で、江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡といった人気俳優が出演している。
衝撃的なのは、その人身売買の中身だ。心臓手術でタイに行った日本人の少年が、タイ人の少女から生きたまま心臓の移植を受けるというのだ。

映画の原作は、梁石日の同名の小説。しかし、映画の公式サイトでは、実話のように紹介されている。「値札のついた命 これは『闇』に隠された真実の物語」「実際にタイのアンダーグラウンドで行われている幼児売買春、人身売買の現実」といったフレーズだ。また、動画サイト「ギャオ」では、「ノンフィクション映画」と、エキサイトのサイトなどでは、「ショッキングな真実」などとの解説もある。

さらに、阪本監督自身も、実話のようにインタビューに答えている。読売新聞の7月31日付記事では、「脚本化に先立つ現地調査で『フィクションではなく真実だと分かった』」としているのだ。

こうした映画の紹介に対して、2ちゃんねるなどネット上では、「事実と日本人への誤解を生む」と反発が出ている。さらに、タイでは、作品そのものも「イメージがよくない」などとして、9月23日に始まったバンコク国際映画祭で上映が中止に。「タイ国内で無許可撮影した」というのも理由だった。

「身近にある問題と感じてほしかった」

映画が「真実」「現実」なら、生きた子どもからの心臓移植に日本人が加担していることになる。そんなことは、本当にあるのか。

これについては、映画の取材協力者が明確に否定している。大阪大医学部付属病院の福嶌教偉医師は、日経ビジネスサイトの08年8月8、11日付連載記事で、
「タイで、日本人が心臓移植を受けた例はない」

と明かす。


映画では、少年の母親が、命を金で買うことになる手術をNGOの女性から止めるよう言われ、「あなたは息子に死ねと言うのですか」と反論する。この言い方について、福嶌医師は、自らの体験からこう話す。

  「僕としては、ちがう言い方をしてほしかった」
  「心臓移植を受けようと思っている子供の両親が、
  よその子供を殺してまで自分の子供を助けたい、
  精神的にそう思っている人は、一人もいない」

心臓移植には、少なくともエキスパートが8人必要で、リスクが高すぎて儲けることは難しいとも言う。さらに、誤った情報を与えた結果、海外で移植を受けた子どもたちがしょく罪の意識を持つことが怖いとし、「その子供は自殺するかもしれない」との懸念も示している。」
(転載、ここまで。)
------------


周知の通り韓国は、
韓国は日本によって占領され日本人により酷い事をされた
と言って日本と日本人を叩き貶め続けているが、それらの根拠が全くのデタラメで捏造されたものであるというのは今や白日の下に晒されている。
韓国が捏造までしてこの様な反日活動を行う大きな理由は、
日本(政府)に圧力を加え日本から金(=我々が納めた血税)を絞り獲る
である。
しかし、本来なら、その様な捏造プロパガンダによる不当な圧力など"一笑に付せば良い"筈なのに、当の日本人も日教組による捏造史によって洗脳されてしまっている為それが出来なくなってしまっている。
その結果、日本の国益が損なわれ続けており、この様な反日映画も際だった反対もされず上映され続けている。
(当ブログのトップページhttp://soumoukukki.at.webry.info/の「ブログ紹介」を参照されたし。)

つまり、今まで日本を叩くネタとして使ってきた「従軍慰安婦」や「日本による占領の被害」等といったネタが捏造だと判明してしまった為使えなくなってしまったので、
日本を叩く反日の新しいネタの一つとしてこの映画を使おうと画策している
という見方が濃い。

この問題(映画作品とそれを応援する 日本ユニセフ)に対して今度の火曜日(9月30日)に抗議活動が行われる事になった。

(以下、http://seaside-office.at.webry.info/200809/article_22.htmlより転載。)
< 日本ユニセフ協会へモノ申す!!>
タイ政府から「内容が不適切」とされ上映中止になった在日韓国人が原作者の
小説映画「闇の子供たち」を「現実」として推薦した日本ユニセフの偽善を叱る!

事実は事実、小説は小説である。フィクションとノンフィクションの混同は
許されない。日本人を悪役にして事実っぽく着色しているなら尚更である。

【日時】
9月30日(火) 13;30集合、14:00までは建物前で街宣抗議をし、
14:00から建物内で担当者に面談し、抗議文の手交と口頭での抗議を行う。

【場所】
東京都港区高輪4-6-12 ユニセフハウス
http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%B9%C1%B6%E8%B9%E2%CE%D8%A3%B4%A1%DD%A3%B6%A1%DD%A3%B1%A3%B2&lat=35.62493194&lon=139.73636194&type=&ei=euc-jp&sc=3&gov=13103.17.4.6.12

【概要】
日本ユニセフ協会が、フィクションである「闇の子供たち」を「現実」として
推薦する愚行を修正するよう要求する。また、児童買春を助長していた
毎日変態新聞を評議員にしていることを糾弾する。そして、日本ユニセフは、
国連unicefとは別組織で、国民から集めた寄付金の全てを国連unicefに
渡しているわけではない、という事実を分かりやすくパンフレットや公式
サイトで広報するように要求する。

【主催】
日本を護る市民の会 黒田大輔 090-4075-1269
雨天決行。プラカード、拡声器、日章旗等の持参歓迎

【補足】
日本ユニセフの終了後、時間的に余裕があれば毎日新聞の仲間、
報道テロリストのTBSがある赤坂周辺、又はシナ(中国)の犬である
NHK(犬HK)がある渋谷周辺で抗議街宣をやる可能性あり。
但し、現時点ではTBSとNHKは未確定です。これらについては
9月29日中に決定して告知します。

----------------------------

動画: 
「国連unicef」と「日本ユニセフ」は別物だと明示しろ! ノーカット版 その1 H20.9.25

「国連unicef」と「日本ユニセフ」は別物だと明示しろ! ノーカット版 その2 H20.9.25

(転載、ここまで。)
------------------
平成20年9月26日追記
「9月30日の日本ユニセフへの抗議活動ですが、ユニセフハウスの隣が
ロシアの通商代表部があるため、拡声器を使えない場合もありえます。
念のため、お知らせしておきます。
http://seaside-office.at.webry.info/200809/article_23.htmlより転載。)
-------------------
平成20年10月1日追記

   日本ユニセフ、NHK、TBSへ抗議!! (写真のみ)
   http://seaside-office.at.webry.info/200810/article_1.html
-------------------
平成20年10月16日追記

   日本ユニセフ協会からの返答の件、市川市・住民監査請求の件
   http://seaside-office.at.webry.info/200810/article_11.html
-------------------


   ★【『語る』運動から『行動する』運動へ】
   http://soumoukukki.at.webry.info/200804/article_7.html


ココをクリックして「行動する保守運動」の記録動画を是非見て下さい!



日本人よ、真の日本の歴史を学び覚醒せよ!
そして、今まで国民を洗脳し騙し続け日本を破壊し続けて来た
【極悪反日サヨク】という売国奴に対して怒り、
奴等を駆除する運動に集結し、
その怒りの鉄拳の声を売国奴どもに浴びせよ!!!!


"真の日本の歴史"を知る為の私の推薦本です(画像をクリックするとアマゾンへ飛び、そこで読んだ人のカスタマーレビューが読めます。)。
大東亜戦争の正体―それはアメリカの侵略戦争だった
通販で購入する場合は

http://www.bk1.jp/product/02643272


から買うと送料無料で買えます。



!!!極悪反日サヨク駆除運動!!!の情報については
主権回復を目指す会
をチェック!



「河野談話」の白紙撤回を求める市民の会


↓この記事が良かったと思った人はクリックして下さい^^↓
ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking


-----------


YouTubeもやっています。よろしくぅ(^o^)/
 ↓をクリックしてね!


YouTube - zzzhaijinzzzのチャンネル


-----------


この記事へのコメント

幽谷の名無し
2008年10月31日 12:35
まった又、日本ユニセフですか、この様な似非人権団体などいっそ解体して仕舞えばいいのです! 其れとこの映画の原作者ヤンソギル、以前北野武監督作品「血と骨」と言う映画の原作者で、件の「血と骨」を観れば強制連行では無く、余りにも貧しかった為、故郷の弔賤半島を棄てて大阪などににやって来たと言うのが解かります。

この記事へのトラックバック