●長野聖火リレー、一触即発、反日シナ留学生と遭遇「松代」(動画有り)

「長野聖火リレーの抗議行動に向かった我々「瀬戸弘幸長野ツアー」が松代パーキングで休 憩していると、反日シナ人留学生のバスが次々に乗り入れ、気がつくと我々はシナ人の大 型バス数十台に取り囲まれていた。(下記動画の説明文を転載。) 」


「4月26日 反日シナ留学生との対決!

 前日の25日、スタッフが東京八重洲口向かい側に一時間前に着くと既に4名ほどが待っておられました。続々と参加者が集結、ここでハプニングがおきました。

 東京を出発して名古屋組との合流地点である松代PA(パーキングエリア)に到着し、休んでいたときに事件は起きました。

 我々は大型バス一台とワンボックスカー、それに乗用車の3台に分乗していましたが、バスの窓にチベットの旗を貼ってあるのを見つけたシナ人のバスから次々と赤旗が示されました。

 続々と集結する大型バス。
 全てシナ人留学生のバス、その数はざっと10数台に膨れあがりました。その数はゆうに500名を超えています。次第に我々は取り囲まれていきます。

 我々は意を決して、先ず新風の若手メンバーが日の丸の国旗を持って表に出ましたが、その後皆さんも全員バスの外に出て、シナ人と対峙することになりました。

 こちら側は55名ほどでしたが、相手方はその十倍の500名を超えています。真夜中の3時頃から始まりましたが、相手の数はその後も次第に増え続けています。

 シナ人留学生は独自にツアーを募って参加していたなどとネットで書かれていましたが、そんなことは真っ赤な嘘で、シナ大使館の指令によって、全国の日本の大学から動員されていました。

 その証拠に彼らの乗ってきたバスには。各大学の名前が書かれており、バスの中には真っ赤なシャツに大学の名前が白地で印刷されていた。かなりの組織的動員でした。

 最初はこちら側が劣勢でしたが、30分後に名古屋組が合流しました。こちら側も80名を超え態勢を立て直し、果敢にシナ人留学生に戦いを挑んだ。

 これはいつものように公安や警察官の一人もいない、まさに深夜の高速道路のパーキングエリアでの戦いです。何事がおきても不思議ではない緊迫した状況でした。

 彼らはバスから大きな赤旗を出して、それで我々の前に立ちはだかり、国歌を大声で唄い始め、我々は「フリーチベット」「虐殺反対」で言い返しました。

 2時間にもわたる深夜のパーキングエリアでの戦い。ようやく終わったのはもう夜が開け始めた5時頃でした。我々は殆ど一睡もすることなく、大急ぎで長野市に向けて出発したのです。

  
 参加者もブログで書いております。

 感じろ こいつは戦争だ!

http://blog.goo.ne.jp/odin_1974/e/28457daa9092a15b30c0f1364e08fc05

http://blog.goo.ne.jp/odin_1974/e/82919cda5b4c87197c6e1d04223e39cf

ニコニコ動画にも支那人の傍若無人ぶりが上がっています。

http://bakunin.exblog.jp/7786358/
(以上、http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51896264.htmlより抜粋転載。)




   ★【『語る』運動から『行動する』運動へ】
   http://soumoukukki.at.webry.info/200804/article_7.html

主権回復を目指す会



「河野談話」の白紙撤回を求める市民の会


↓この記事が良かったと思った人はクリックして下さい^^↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

rb
2008年04月27日 20:12
長野へ学生の動員はあまりにも中共的である。
中共はチベットへの弾圧を止めろ!
2008年04月28日 12:47
「一、護国者として」の文責、ハーグ竹島です。
この度はトラバして下さり有難うございました。

あれが「戦争」という意識は、強まりこそすれ
衰える事は一切ありません。今こそ暴支膺懲です!
2008年06月03日 16:11
 我々は意を決して、先ず新風の若手メンバーが日の丸の国旗を持って表に出ましたが、その後皆さんも全員バスの外に出て、シナ人と対峙することになりました。


ここをぱっと見ただけなんだけど、創価学会詐偽BLOGと分かる!

この記事へのトラックバック

  • ココは中国の信州省デスカ? 長野参戦レポート Vol.1

    Excerpt:    ||| ココは中国の信州省デスカ? ||| 徹夜で長野へ、小雨の中をデモ、国境なき記者団メナール氏に遭遇 現地はスタート・ゴール地点とも「中可・排日」の異常な警備体制 昨日のエント.. Weblog: 米流時評 racked: 2008-04-27 19:49
  • 怒りを感じろ!コイツは戦争だ!! 報道編

    Excerpt: 大事件の後は、やっぱり検証しなきゃ。今日は、そんな比較メディア論(?)のお話。 Weblog: 一、護国者として~「普通の国」成就のために~ racked: 2008-04-28 12:49