★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★

アクセスカウンタ

zoom RSS 【原発問題】 欧米先進国は 【脱原発→天然ガス火力発電+再生可能エネルギーへ転換】

<<   作成日時 : 2014/10/25 09:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

↓先ずはクリックして下さい^^↓
ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ


既に、世界(特に先進国)は、
原発による電力供給に見切りをつけ、
それに代わる天然ガス火力発電や再生可能エネルギーによる電力供給へと
確実にシフト
しています。



・アメリカ
<原発はもはやエネルギー源として“正当化できない”。GEイメルト発言の詳報(FGW) GEは福島原発の製造元でもある

英ファイナンシャル・タイムズ紙に掲載されたGEのCEOジェフリー・イメルト氏のインタビュー(仮訳)。

時代は真にガス(シェールガス)と風力発電によって供給される方向にシフトしてきた」。米グローバル企業GEのCEOのイメルト氏は.多くの国がこの二つの発電が長期的に安価なエネルギー源として活用し始めた、と指摘した。

イメルト氏は石油産業の友人たちとの話として、「彼らがガスを長期的にこれまで以上に開発できることを認めている。このことは原子力発電の活用を今後、正当化することは難しいことを意味している」と述べ、低価なガス価格が続くことは経済ルールとしても妥当だとの見方を示した。

そして今後のエネルギー開発の方向として、「多くの国々が目指しているのは、ガスと再生可能エネルギー(風力あるいは太陽光など)の組み合わせだろうと思う

イメルト氏の発言は、原発を倫理的に否定しているのではなく、コスト面で、ガスや代替エネルギーに勝てなくなってきたことを冷静に判断したうえでの企業人としての発言である。コスト上昇が避けられない原発にこだわるより、より低コストで市民に受け入れられやすいエネルギー源をグローバル・ビジネスの主流に置くというのは、企業人としてしごく当然の判断である。

特に原発の評価については、福島原発事故を引き起こしたのがGE製の初期原発であり、原発のプラス面もマイナス面も十分熟知したうえでの発言である点を忘れてはならない。GE製原発については元従業員らから「欠陥製品」との告発もあった。このため、イメルト氏は昨年3月11日の福島事故後ほぼ1か月後に日本を訪れ、東電などの幹部と会談し、「製造物責任の対象にならない」ことを確認したとされている。

イメルト氏の原発コスト増判断の背景には福島事故を踏まえたコストアップを十分に評価したものと思われる。ところが我が国では、こうした当然のコスト判断ができる企業人がきわめて少ない。いや、実は、原発の高コスト化をわかっている企業人は少なくないはずだが、戦後、経団連を牛耳ってきた電力業界への配慮から、政府の原発政策、電力自由化政策の行く末を様子見していると思われる。激しいグローバル競争での勝利を目指しているGEをはじめ主要な欧米企業には、そうした躊躇はない。

日本企業が「時代遅れのエネルギー(原発)」に固執し、そのコストアップを見ないふりをしている間に、日の丸グローバル企業は市場競争力を高められず、日本市場自体も競争力を失いかねない、というのが現在の大きな危機の一つである。変化を見極めるのが真の経営者とすれば、これまで原発を、日本をはじめ世界中に売り込んでおきながら、「Nuclea is hard to justify(原発はもはやビジネスとして正当化できない)」と潮目の変化を読み切ることのできる米経営者と、いつまでも電力会社のご機嫌をうかがうことに終始し、新たなビジネス展開への備えを怠る日本の経営者との違いは、あえて指摘するまでもないことだが
http://financegreenwatch.org/jp/?p=14436 >
<電力大手エンタジーは27日、バーモント州のバーモント・ヤンキー原子力発電所を来年末に閉鎖する方針を明らかにした。安価な天然ガスに比べて操業コストが高く、採算が取れないためとしている。
http://www.cnn.co.jp/business/35036469.html >


・ドイツ
<ドイツ誌シュピーゲルは18日、同国の総合電機最大手シーメンスのレッシャー社長が原発事業から撤退する意向を表明したと報じた。福島第1原発事故以降、世界の主要原発メーカーで撤退を表明したのは初めてとみられる。具体的には原発建設から手を引く。ただ、蒸気タービンの製造は当面続けるという。同誌のインタビューに答えた。

 レッシャー氏は、ドイツ政府が事故後「脱原発」に方針転換したことを受けて「原子力エネルギーからの撤退について、ドイツの社会と政治ははっきりした意志を示している」と指摘、事業撤退を決定したと述べた。決定に際し、政治的な圧力はなかったとした。

 シーメンスは、ロシア国営原子力企業ロスアトムとの原子力分野での事業協力を計画していたが、この計画からも撤退する。

 シーメンスは4月、フランスの原子力大手アレバとの原発製造の合弁会社「アレバNP」への出資分をアレバ側に売却し、合弁を解消した。

 蒸気タービンの製造を続けるのは火力発電でも使えるため。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1800Z_Y1A910C1000000/ >
<ドイツの脱原発を笑ったフランスがドイツから自然エネルギー輸入
http://www.alterna.co.jp/8295 >


・フランス
<フランス、原発依存度の低減目指す法案を可決
2014/10/11
【AFP=時事】電力供給に占める原子力発電への依存度が世界で最も高いフランスの国民議会(下院)は10日、全発電量に占める原発の割合を向こう10年以内に現在の75%超から50%に引き下げることを目指す法案を可決した。

 法案は、発電に占める再生可能エネルギーの割合を2020年に23%、2030年に32%に引き上げ、化石燃料の割合を30%程度に減らすことを目指す内容。また、温室効果ガスの排出量を1990年比で2030年までに40%、2050年までに75%削減することも目標としている。

 さらに法案は、欧州連合(EU)がベルギー・ブリュッセル(Brussels)で今月23、24の両日に開く首脳会議で話し合う予定のエネルギー政策の草案に沿って、仏国内のエネルギー消費量を2030年までに20%削減する目標を掲げている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3028669 >


・スウェーデン
<スウェーデン議会(一院制)選挙で勝利した中道左派3党連合の社会民主労働党などは
1日、3党が原子力発電所を将来的に全廃することで合意したと発表した。

社会民主労働党の党首で、次期首相に就任する見通しのステファン・ローベン氏は同日、
公共ラジオで、「『原発は廃止すべし』が新政権の最初の一歩となる。まずは(廃止に向けた)
分析を開始する」と語った。

同国では現在、3か所の原発で10基の原子炉が稼働中で、総発電量の約4割を原子力が占めている。

スウェーデンは、1980年の国民投票で2010年までの原発全廃賛成が多数を占めたことを受け、
一度は全廃の方針を決めた。だが、地球温暖化に対処するために方針を見直し、
10年には、既存の原発施設への原子炉の新規建設を認める法律が成立していた。
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1412339573/ >


・イタリア
<イタリアで12〜13日に実施された原子力発電の再開の是非を問う国民投票が成立し、政府の原発再開の計画を否決した。内務省の発表によると、投票率は約57%に達し、成立の条件である50%を上回った。福島第1原発の事故後、主要国での原発政策に関する国民投票は初めて。

 暫定発表では投票者のうち95%が再開に反対票を投じた。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1305E_T10C11A6MM8000/ >


・スイス
<福島原発事故を受けスイス政府は昨年5月、「段階的脱原発」を宣言。その後連邦議会からの支持を得て、脱原発を具体的に進めるエネルギー基本方針「エネルギー戦略2050」の第1案を9月末に発表した。法改正案を柱とするこの戦略では、特に太陽光発電を推進。2050年にはこのエネルギーだけで現在の原発の発電量(39%)がほぼ賄えると計算する。
http://www.swissinfo.ch/jpn/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E6%94%BF%E5%BA%9C-%E8%84%B1%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AE%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8A%E6%96%B0%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%99%BA%E8%A1%A8/33958990 >


・ベルギー
<2003年1月16日ベルギー議会上院は脱原子力法案を可決
画像

http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/belgian_green_party >


・オーストリア
<1986年のチェルノブイリ原発事故を経て、さらに1999年には「原子力のないオーストリア」と名づけられた法律が制定された。この法律は連邦憲法と同じ重みを持ち、第一条には「オーストリアにおいては核兵器を製造、保有、移送、実験あるいは使用してはならない」と記され、第2条には「核分裂を通じたエネルギー生産を目的とする施設はオーストリアでは建設してはならない。現在すでに存在している施設は稼働させてはならない」と記されている。オーストリアは脱原発だけではなく、核兵器も拒否する脱原子力政策を法律に明記 したのだ。
http://midori1kwh.de/2012/09/16/2371 >
<完全原発ゼロに 輸入電力も脱原発
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/45868/ >


この様に、欧米諸国は確実に脱原発へと動いているのです。


実は、我が国 日本は、既に天然ガス発電による脱原発を事実上達成しているのです!
その詳細についてはコチラを。
   ↓
 http://soumoukukki.at.webry.info/201410/article_1.html



↓この記事が良かったと思った人はクリックして下さい^^↓
ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ

-------記事本文 ここまで--------


日本の学校教育では、先の戦争で日本はアジア諸国に対して迷惑をかけたと教えられます。
果たして、それは真実なのでしょうか?

画像

    
この旗はASEAN(東南アジア諸国連合)の旗
です。
加盟国は、
・インドネシア
・マレーシア
・フィリピン
・シンガポール
・タイ
(1967 年8月8日発足時)
・ブルネイ
(1984 年1月8日加盟)
・ベトナム
(1995年7月28日加盟)
・ラオス
(1997年7月23日加盟)
・ミャンマー
(1997年7月23日加盟)
・カンボジア
(1999 年4 月30 日加盟)
といった東南アジア諸国であり、そのASEANの旗がこの様なデザインの旗なのです。
よく、日本の国旗「日の丸」はアジアに対する侵略の象徴とかと謂われますが、それが事実では無い事は、この
「"日の丸"のデザインを基にしたASEANの旗」
を見れば一目瞭然です。

左からパラオ、日本、バングラデシュの国旗。
  ↓
画像



  ●私達の先人は大東亜戦争を戦ったのです!●
   http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/daitoua.html



インドネシア独立記念パレード
日本の軍歌を歌いながら、日本刀や竹やりを持ってノリノリでパレードをするインドネシアの人達。


http://www.youtube.com/watch?v=ElAoXeGmj2k

日本人は心優しき侍/世界から感謝される日本【独立アジアの光】
http://www.youtube.com/watch?v=RntUs2gjM3g

第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバーは、日本を大東亜戦争に無理矢理引きずり込んだのは、第32代アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトという狂気の男だったと、回想録で証しています!
http://soumoukukki.at.webry.info/201310/article_1.html



-------------------


   ★【『語る』運動から『行動する』運動へ】
   http://soumoukukki.at.webry.info/200804/article_7.html



日本人よ、真の日本の歴史を学び覚醒せよ!
そして、今まで国民を洗脳し騙し続け日本を破壊し続けて来た
【極悪反日勢力】という売国奴に対して怒り、
奴等を駆除する運動に集結し、
その怒りの鉄拳の声を売国奴どもに浴びせよ!!!!


"真の日本の歴史"を知る為の私の推薦本です。
http://soumoukukki.at.webry.info/200809/article_4.htmlで中身を少し紹介しています。又、画像をクリックするとアマゾンへ飛び、そこで読んだ人のカスタマーレビューが読めます。)
大東亜戦争の正体―それはアメリカの侵略戦争だった
通販で購入する場合は
http://www.bk1.jp/product/02643272
から買うと送料無料で買えます。

  ★愚民劣等人「日本人」、覚醒せよ!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200811/article_5.html



!!!極悪反日勢力駆除運動!!!の情報については

をチェック!



「河野談話」の白紙撤回を求める市民の会


  ↓マッカーサー(GHQ)による日本破壊という悪行の数々の一例↓
  GHQによる検閲
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/16833989.html
  GHQが行った洗脳政策WGIP
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/16834071.html
  「日教組」を作ったのはGHQ
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/17029009.html
  GHQが行った洗脳政策WGIP その2
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/17269372.html
  GHQによる日本亡国策略「公職追放」
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/19822125.html
  ↑これらの日本破壊工作は、
  所謂、東京裁判史観の一つとして
  今でも引き継がれ日本を破壊へと誘い続けている。
   故に、日本の亡国への道を閉ざすには、
   これらの日本破壊工作を粉砕し、
   東京裁判史観から解脱し、
   正しい歴史観を知り、
   日本人としての誇りを取り戻さなければならない!


「真珠湾は奇襲ではなかった」 米国務省の公文書公開
 (駐日大使グルーの国務省あての公電報)
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-773.html

アメリカが真珠湾攻撃以前に対日参戦していた証拠
http://soumoukukki.at.webry.info/201101/article_4.html

★今の「日本国憲法」は、共産主義者によって作られた
http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_5.html

●日本には法的にも"戦犯"は存在しない!
http://soumoukukki.at.webry.info/201008/article_3.html


  ★日本は憲法と核拡散防止条約にも抵触せず核武装可能である!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200803/article_2.html
  ●アメリカは日本の核武装を望んでいた!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_12.html




↓この記事が良かったと思った人はクリックして下さい^^↓
ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking







-----------


YouTubeもやっています。よろしくぅ(^o^)/

 ↓をクリックしてね!


YouTube - TotukawaAkikazuのチャンネル




【戦後保守】 が日本を破壊させた! (2011/12/20 07:13 掲載記事)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【脱原発】 既に日本は原発無くても電力が余裕で足りている! もはや原発は無用の長物→全廃炉へ!
↓先ずはクリックして下さい^^↓ ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ ...続きを見る
草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史...
2014/10/25 10:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


●日本の破壊の全ては 自民党の売国行為が発端で有る事を認識せよ !(2010/01/31 23:59 掲載記事)



【戦後保守】 が日本を破壊させた! (2011/12/20 07:13 掲載記事)






現在の私の本棚です。 全てを見るには左下の家のマークをクリック。



【原発問題】 欧米先進国は 【脱原発→天然ガス火力発電+再生可能エネルギーへ転換】 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる