★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★

アクセスカウンタ

zoom RSS ●原発推進派の狙いは電力自由化を阻止し利権に授かり続ける事

<<   作成日時 : 2011/07/02 22:35   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

↓先ずはクリックして下さい^^↓
ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ



若者よ、新聞購読は百害あって一利なしだ
大手紙がこぞって原発再開を求める日本の異常


夏\本番の暑さとなって、電力不足問題を何とかしなければという声が喧しい。しかし、それを文字どおりに取ってしまっては、日本は大変なことになるのではないか。つまり、それらの声はほとんどが、自らの既得権を何としても守り抜きたい人たちのプロパガンダだからである。


原発再開は日本は変われないことの証明
 日本は1000年に1度とも言われる東日本大震災と、米スリーマイル島、旧ソ連のチェルノブイリ原子力発電所の事故をはるかに上回る世界最大の原発事故を引き起こした。

 こうした事態に直面して、私たちが絶対にやり抜かなければならないのは、できるだけ早い復興と同時に大事故の原因となった日本に巣食う問題の根本的解決である。

 逆に、日本が決してやってはいけないことがある。この大惨事に直面して何も変わらないでいることだ。

 天が与えた厳しい試練を改革に生かせないようでは、日本は一直線に衰退への道を歩むだけである。

 地震対策しかり、原発・エネルギー政策の見直ししかり、二度と同じ惨事を繰り返さないために、すべての根本に立ち返った対策が求められている。

 しかし、「電力不足だから点検の終わった原発を開始すべし」という意見には、電力不足という人質を取って、根本的な問題解決を先送りしようという意図が見え見えだ。

 しかも恐ろしいのは日本を代表する大手新聞のほとんどが、それに手を貸していることである。朝日新聞から産経新聞に至るまで、社説はもちろん、電力会社の幹部の意見を大々的に掲載することなどを通して、原発再開を求める世論形成に躍起になっている。

 例えば、7月1日の朝日新聞の「原発の再開遅れを『風評被害』と発言 九電会長」http://www.asahi.com/special/10005/SEB201106300047.htmlなどはその典型例だし、また産経新聞でも連日手を替え品を替えて、原発再開のプロパガンダを打ち上げている。


原発がないと終戦後すぐの生活に戻るって本当?
 その1つが同じ7月1日付1面の「外交評論家・岡本行夫 『確率』だけで原発止めるな」http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110701/plc11070103180003-n2.htmである。曰く、

 「『すぐに原発を止めろ』と言うにはわれわれの生活を原発のなかった1960年代に戻す覚悟が必要だ。家庭にエアコンなどなかった時代に。朝起きると息は白かった。暖は石油ストーブと湯タンポでとった。工業出荷額は今の4分の1だった」

 ほとんど脅しに近い表現である。原発こそが私たちの生活を豊かにしてきたのだから、と。しかし、経産省の大臣がいくら原発の安全確認が済んだと国民に説明しても、それを信じろと言う方がおかしい。

 国や新聞の言うことを信じてきた結果が、福島第一原発の事故ではないか。その責任も明確にしないまま、小手先の安全対策を講じたから安全だと言って、どこに説得力があるのか。これほど国民を小ばかにした話はない。

 そもそもLNG火力でも石炭火力でも、電力を賄う方法はいくらでもある。


電力自由化を絶対阻止する狙い
 また、せっかく1995年の規制緩和によって日本にも多くの独立発電事業者(IPP)が誕生しながら、電力自由化を阻止したい電力会社の意向によってその後は鳴かず飛ばずどころか尻すぼみの状態が続いている。そうした点を早急に改善すれば、電力不足問題は一気に解決に向かう。

 しかし原発の再開論を振りかざす人たちは、それには一切触れない。IPPが増えて原発を推進しにくくなるのが困るからである。

 逆に好んで持ち出すのが風力や太陽光発電などの自然エネルギーだ。これらはまだコストが高いことをいいことに、原発再開の言い訳に使っているのである。

 つまり、電力自由化などの問題から国民の目をそらし、既存の仕組みを何一つ変えたくないという明確な意図がある。自分たちの既得権益を守り、そのツケは若者たちに払わせようという何とも姑息で老獪なやり方と言える。

 夏場の電力不足懸念をいいことに、いま拙速に原発の稼働を認めてしまえば、すべての既得権を守ることにつながり、日本の改革は全く手つかずになる。原発再開論者は産業界のためにという大義名分の下、本当の狙いはそこにある。



若者よ紙は捨ててしまおう
 大手新聞がこの論調にこぞって手を貸していることに、日本の国民、とりわけ若者たちは極めて高い関心を向けるべきである。新聞各社が揃いも揃って原発再開を求めるのは、既得権者を守ろうとの下心があるからにほかならない。

 もし、そんな下心がないとすれば、ただの批判精神のはき違いをしているだけで、逆に大金を払って読む価値のある代物とは言えない。

 福島第一原発の事故は、私たち国民が政府や官僚に騙され続けてきたことを明確に証明したが、彼らの既得権益の鎖には大手メディアもしっかりとつながっていることが、原発再開論で目に見える形に表れたと言える。

 すでに風化著しい既得権を守り続ければ、そのツケは必ず未来に回ってくる。若者たちが支払わされるのである。今後も各紙が原発再開論を続けるようであれば、若者たちはもう新聞を購読するのはやめた方がいい。百害あって一利なしである。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/13872から転載。)



↓この記事が良かったと思った人はクリックして下さい^^↓
ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ

---------------

日本の学校教育では、先の戦争で日本はアジア諸国に対して迷惑をかけたと教えられます。
果たして、それは真実なのでしょうか?

画像

    
この旗はASEAN(東南アジア諸国連合)の旗
です。
加盟国は、
・インドネシア
・マレーシア
・フィリピン
・シンガポール
・タイ
(1967 年8月8日発足時)
・ブルネイ
(1984 年1月8日加盟)
・ベトナム
(1995年7月28日加盟)
・ラオス
(1997年7月23日加盟)
・ミャンマー
(1997年7月23日加盟)
・カンボジア
(1999 年4 月30 日加盟)
といった東南アジア諸国であり、そのASEANの旗がこの様なデザインの旗なのです。
よく、日本の国旗「日の丸」はアジアに対する侵略の象徴とかと謂われますが、それが事実では無い事は、この
「"日の丸"のデザインを基にしたASEANの旗」
を見れば一目瞭然です。

左からパラオ、日本、バングラデシュの国旗。
  ↓
画像



  ●私達の先人は大東亜戦争を戦ったのです!●
  http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/daitoua.html





-------------------


   ★【『語る』運動から『行動する』運動へ】
   http://soumoukukki.at.webry.info/200804/article_7.html


ココをクリックして「行動する保守運動」の記録動画を是非見て下さい!



日本人よ、真の日本の歴史を学び覚醒せよ!
そして、今まで国民を洗脳し騙し続け日本を破壊し続けて来た
【極悪反日サヨク】という売国奴に対して怒り、
奴等を駆除する運動に集結し、
その怒りの鉄拳の声を売国奴どもに浴びせよ!!!!


"真の日本の歴史"を知る為の私の推薦本です。
http://soumoukukki.at.webry.info/200809/article_4.htmlで中身を少し紹介しています。又、画像をクリックするとアマゾンへ飛び、そこで読んだ人のカスタマーレビューが読めます。)
大東亜戦争の正体―それはアメリカの侵略戦争だった
通販で購入する場合は
http://www.bk1.jp/product/02643272
から買うと送料無料で買えます。

  ★愚民劣等人「日本人」、覚醒せよ!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200811/article_5.html



!!!極悪反日サヨク駆除運動!!!の情報については

をチェック!



「河野談話」の白紙撤回を求める市民の会


  ↓マッカーサー(GHQ)による日本破壊という悪行の数々の一例↓
  GHQによる検閲
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/16833989.html
  GHQが行った洗脳政策WGIP
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/16834071.html
  「日教組」を作ったのはGHQ
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/17029009.html
  GHQが行った洗脳政策WGIP その2
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/17269372.html
  GHQによる日本亡国策略「公職追放」
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/19822125.html
  ↑これらの日本破壊工作は、
  所謂、東京裁判史観の一つとして
  今でも引き継がれ日本を破壊へと誘い続けている。
   故に、日本の亡国への道を閉ざすには、
   これらの日本破壊工作を粉砕し、
   東京裁判史観から解脱し、
   正しい歴史観を知り、
   日本人としての誇りを取り戻さなければならない!


★大東亜戦争を仕掛けたのはアメリカとソ連だったのは100%明白になった!
http://soumoukukki.at.webry.info/200809/article_4.html
★今の「日本国憲法」は、共産主義者によって作られた
http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_5.html


  ★日本は憲法と核拡散防止条約にも抵触せず核武装可能である!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200803/article_2.html
  ●アメリカは日本の核武装を望んでいた!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_12.html




↓この記事が良かったと思った人はクリックして下さい^^↓
ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking







-----------


YouTubeもやっています。よろしくぅ(^o^)/

 ↓をクリックしてね!


YouTube - TotukawaAkikazuのチャンネル




【戦後保守】 が日本を破壊させた! (2011/12/20 07:13 掲載記事)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★原発による利権(原発マネー)の分け前に授かっている企業
↓先ずはクリックして下さい^^↓ ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ ...続きを見る
草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史...
2011/08/10 11:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
戦前の「行けよ進めよ」から戦後は一転「軍備放棄永世中立」に似ているかも。真はその中間にあるのだろう。自民も民主も原発推進、「電力の5割を原発で」と閣議決定したのはつい先だっての民主政権ですよ。
「脱原発」ではなく、10年程度のスパンで「漸減原発」であるべき、その間に自然エネルギーの活用技術・効率の向上とともに原発は漸減すべきではないでしょうか。電力不足は産業を圧迫し雇用を圧縮することは誰が考えても明らかです。つい先日まで、「一にも二にも雇用」と言っていたのは「菅」だったではないですか。いまやっていることは雇用縮小、喪失、賃金減少、産業海外逃避の道ではないですか? その結果は税収、社会保険負担の減少、そして結局国民負担の増大の悪循環であり踏んだりけったりとはこのことです。原発減少は正解と思いますが、明日から一挙にゼロにしろというような短兵急は???ではないでしょうか。
漸減原発
2011/07/03 18:25

コメントする help

ニックネーム
本 文


●日本の破壊の全ては 自民党の売国行為が発端で有る事を認識せよ !(2010/01/31 23:59 掲載記事)



【戦後保守】 が日本を破壊させた! (2011/12/20 07:13 掲載記事)






現在の私の本棚です。 全てを見るには左下の家のマークをクリック。



●原発推進派の狙いは電力自由化を阻止し利権に授かり続ける事 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる