★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★

アクセスカウンタ

zoom RSS ★キリスト教という邪教に警戒せよ!

<<   作成日時 : 2009/03/02 17:23   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 6 / コメント 3

↓先ずはクリックして下さい^^↓
ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ




以下の引用文を読むにあたり解説。
・サラディン(サラーフッディーン) アユーブ朝(西暦1169−1250)の創始者であり十字軍と戦ったイスラムの英雄。
・フランク フランク王国は、5世紀から9世紀にかけて西ヨーロッパを支配したゲルマン系の王国。十字軍勢。

ここから引用。
「寛容の精神 サラディン&十字軍
 ヒッティーン(1187.7.4)の戦いに勝利したサラーフッディーン(以下サラディン)は、その後破竹の勢いで、ティベリア・アッカの無条件降伏を受ける。ティベリアの城主のレイモン夫人・守備隊・アッカのイタリア人商人が退去するにあたっては財産もろとも護衛して送り届けてやるほどの念の入れようだった。
 サラディンは諸侯に命じパレスティナ各地の要塞ナーブルス・ハイファ・ナザレを落とさせ、降伏したものは去らせる。

勝者サラディンは降伏した敗者に対しては、気高い精神で許し、財産までも持って去ることを認め、盗賊に会わぬよう護衛までつける。サラディン軍の幹部からすれば、「そこまでやるなんて寛容さにもほどがある」と思わせるほどの寛容さを常に示していたのだ。


 1099年、6週間にわたる包囲ののちついにエルサレムを陥れた。この時、破れた城門から侵入した十字軍兵士達は殺戮と掠奪をほしいままにしたのだ。
 城内に入った軍勢はエルサレム市民の虐殺を行い、イスラム教徒、ユダヤ教徒のみならず東方教会のキリスト教徒まで殺害した。ユダヤ教徒はシナゴーグに集まったが、十字軍は入り口をふさぎ、火を放って焼き殺した。多くのイスラム教徒はアル・アクサーモスクに逃れたが、十字軍の軍勢はそのほとんどを殺害している。
 
 東方教会、つまりギリシア正教・アルメニア・グルジア・コプト・シリア教会派は聖墳墓教会で伝統にのっとり一緒に祭式を執り行ってきたのだが、十字軍はそれらの教会派をそこから追放し、さらにキリストが架けられた「真の十字架」と呼ばれる十字架のありかを聞き出すために守り役の司祭たちを拷問にかけて口を割らせ、十字架を奪った。

十字軍はエルサレムを血の海としながら老若男女を問わず住民約7万人を虐殺した。そしてすべての財宝も宗教遺物も何もかもを掠奪した。


★キリスト教の「あなたの敵(複数)を愛しなさい」・「隣人を愛せ」という語句がある。しかし、十字軍の殺戮の様子からすると隣人や敵を愛するという言葉に疑問が生ずる。当時のヨーロッパにとってはこの隣人の中には異教徒が存在しなかったのである。狭い中世ヨーロッパの中だけで学問的にも遅れたヨーロッパに暮らした人々の中では隣人とは教皇を頂点とする同じカトリックの人々しか頭になかったものと思われる。
 また、公に「エルサレムを奪いとる」ことを認められ推奨された中では、教皇によって神の名の下で殺戮・略奪・侵略許可を与えられたようなものだ。人を殺していいのだろうか・盗んでいいのか?人(隣人・敵)を愛さなくていいのだろうか?・・・なんて考えずに怖いものなしでいられるときだったのだ。

 かたや、イスラームは、シルクロード・海のシルクロード・地中海に於ける交易を通して、広く異文化・異民族に接していた。また、イスラームの支配する町はエルサレムも含めて異なる宗教の人々が共に暮らし、異教徒は隣人であることは不思議なことでもなんでもなかった。」
ここまで、http://mphot.exblog.jp/3905465/ より抜粋引用。


私は、この様な事実を最近買った
「〈思いこみ〉の世界史 外交官が描く実像」http://www.bk1.jp/product/02236141
という本で知りました。
以前から十字軍はキリスト教という名の元で暴れまくった虐殺集団だとは知っていましたが、
それと対峙したイスラム教の精神がこの様に寛容なものだったとは知りませんでした。

今、アメリカをはじめとするキリスト教欧米諸国は、

キリスト教=正義
イスラム教=悪

という印象操作を行っていますが、この様な過去の経緯を知るとそれは事実では無く、寧ろ逆
であるのではないかと感じます。

イスラム教のこの様な寛容さは、我々日本人の精神に似たものが有りますね。
古来、日本の武将は戦い敗れた敵兵を寛容の精神で以て命を助けました。

しかし、キリスト教はそうではなく、敵兵はゆうに及ばず一般市民の女や子供までを徹底的に虐殺し皆殺しにしまくっています。
これ、シナの歴史とそっくり
ですね。
(注: 「シナ(支那)」=Chinaです。また、この「シナ(支那)」という言葉は差別語ではありません→http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/30260496.html

こういうキリスト教の驚異を豊臣秀吉や徳川家康は見抜いていたのでしょうね。
だから秀吉はバテレン追放令を出し徳川幕府は禁教令を出し日本でのキリスト教を厳しく取り締まった。
もし、秀吉や家康がこの様にキリスト教を取り締ら無かったら、とうの昔に日本も他のアジア諸国と同じ様に欧米列強の植民地になっていた可能性が高いでしょう。


  キリシタンが日本の娘を50万人も海外に奴隷として売った事
  日本の歴史教科書はキリシタンが日本の娘を50万人
  も海外に奴隷として売った事は教えないのはなぜか?

  http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/5a197e856586baf726f6a0e68942b400


この様なキリスト教文化至上主義は今でも続いているのは言うまでもありません。
そして、奴等は、CNNやBBCといった偏向マスコミ媒体を使って、その害悪を世界中に振りまき洗脳しているのです。

  怒れるイスラム教徒は本当に過激派か?
  http://infoindonesia.blog17.fc2.com/blog-entry-381.html


そして、我が日本もその洗脳に侵され国益を損ない続けているのです。
http://soumoukukki.at.webry.info/200902/article_3.html


------------------
平成23年2月4日追記

ローマ法王、ヨハネ・パウロII世の謝罪

ヨハネ・パウロII世は1920年にポーランドで生まれ2005年、85歳で死んだ。最後の26年間はローマ法王の座についていた。
この法王は歴代の法王のなかでも一番、(小生にとってはの話だが)一番素晴らしいことをしてくれた。

それはカトリック教会の犯した間違いを拾い上げ一々心から謝罪したことである。列挙すると、

(1)ガレリオ裁判での間違いを認め、ガレリオへ謝罪した。

(2)フィリッピン、中南米に対して剣と武力を用いてキリスト教を広めた罪を謝罪した。 また十字軍の戦いも武力を用いた罪を認め謝罪した。

(3)第二次対戦中ナチスドイツの占領地での大量虐殺へ対してキリスト教が十分な抵抗をしなかったことを認め謝罪した。

(4)ドイツのユダヤ人への差別虐殺の責任の一端はキリスト教会にもあると認め謝罪した。

(ここまで、http://yamanasi-satoyama.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/09/post_90c3.htmlから抜粋転載)


世界が伝えた法王の「懺悔」

 平成12年(2000年)3月12日、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世(当時)がバチカンの聖ペテロ大聖堂で特別のミサを行い、過去2000年にわたる教会の過ちを認め、神に赦しを求めた──というニュースが世界を駆けめぐりました。
法王の「謝罪」をもっとも詳しく報道したのは、ニューヨーク・タイムズです。

 3月13日付には、1面に十字架のキリスト像を抱擁するヨハネ・パウロ2世の大きなカラー写真入りで、「法王、2000年にわたる教会の誤りについて赦しを求める」と題するアレッサンドラ・スタンレー記者の記事が載っています。

 記事は1面から10面に飛び、計240行におよびます。10面にも大聖堂入り口にあるミケランジェロ作「ピエタ」像の前で祈る法王や枢機卿たちの大きな写真があります。そのほか、法王の説教の抜粋や関連記事で10面のほとんどが埋められています。

 法王は1960年代の第二バチカン公会議で始まった「和解」の動きを押し進め、1998年の文書では第二次大戦中に法王ピウス12世ら教会指導者がホロコースト(ナチスによるユダヤ人虐殺)に対して沈黙し、救いの手をさしのべることができなかったことを反省したのですが、多くのユダヤ人を「失望させた」。反省が十分ではない──というのです。

 今回のミサでも、ユダヤ人の「失望」は変わらなかった。法王の謝罪を「勇気のある重要な前身」と称える一方で、「教会はいまなお第二次大戦中のバチカンの役割を論議することを避けようとしている」と語るユダヤ人指導者M・ハイア師の声を、スタンレー記者は伝えています。

 ワシントン・ポストはやはり13日付1面に、「法王、教会の罪の赦しを乞う──特別の罪とされなかったホロコースト」と題するサラ・デラニー記者の記事を載せています。1面から14面に飛び、合計約200行におよんでいます。

 共同祈願でユダヤ人迫害の罪を告白したのは、E・キャシディ枢機卿です。

 「歴史を通してイスラエルの民が受けた苦しみを思い起こしながら、少なからざるキリスト者が『契約の民』『祝福された民』に対して罪を犯してきたことをキリスト者が認め、このようにして自分たちの心を清いものとしていくことができるよう、祈りましょう」

 枢機卿の告白はこれがすべてで、そのあと法王が、「父なる神よ、あなたはアブラハムとその子孫をあなたの名前を世界にもたらすために選ばれました。歴史を通して、あなたの子らを苦しめてきた人々の行為を深く悲しみ、あなたのゆるしを願い求め、『契約の民』と真の兄弟愛を築くために働くことができますよう。主キリストによって」と祈りを捧げたにすぎません。

 確かにホロコーストへの具体的言及はありません。

 日本の新聞の扱いは大きくありませんが、産経新聞が9日(木曜日)夕刊2面でローマ特派員・坂本鉄男記者の、毎日新聞が11日(土曜日)の夕刊2面でロンドン特派員・岸本卓也記者の予告記事を載せているのが目を引きました。

 坂本記者による「1000年の謝罪 ローマ法王『罪』を告白」は3段見出し、写真入りで、カトリックの「偏向」の歴史を振り返り、「謝罪」が「イスラム教との平和共存の話し合いの場につなげる意味がある」と報じ、他方、岸本記者の「ローマ法王 過去の過ち 初のざんげ」は4段見出しで、欧州での歴史の見直しや異人種・異宗教世界との融和の動きとの関連について伝えています。

 時間的には13日(月曜日)朝刊に間に合うニュースですが、5大紙は休刊で、他紙は夕刊での報道となりました。

 朝日新聞は2面で、「教会の過ち 許し請う ローマ法王、特別ミサ」の4段見出しを掲げ、写真入りでとりあげているものの、記事自体は計50行程度。ただ、パリ特派員・藤谷健記者による簡単な報告のほかに、エルサレム特派員・村上宏一記者による、ユダヤ人虐殺の責任にふれなかったことに対するイスラエルの「不満」の声を載せています。

 読売新聞は夕刊2面にカリアリ(イタリア)特派員・西田和也記者の記事「大聖年 過去の過ち すべて清算」を5段見出し、写真入りで載せました。「法王は機会あるごとに過ちを認めてきたが、総括して『赦し』を求めたのは歴代法王のなかで初めて」とあります。

 日本経済新聞は夕刊2面に、ミラノ特派員・小林明記者の記事「教会の過去の過ち謝罪」を3段見出し、写真入りで掲載した。「『大聖年』の主要テーマの一つで、教会として包括して謝罪するのは史上初めて」と書いています。

□「謝罪」し続けるローマ法王
□欠落する「異教文明」の視点

 「史上初めて」と伝えられる法王の懺悔ですが、平成10年に出版された竹下節子氏『ローマ法王』によると、ヨハネ・パウロ2世は「公式の文章で何と94回もカトリック教会の非を認めている」。謝罪のテーマは多岐にわたり、とくに1994(平成6)年春以来、反省の姿勢が強くなった、といいます。

 いまのカトリックは「驚くべき熱心さ」で、「古くは十字軍による侵略の反省やルネサンスのガリレオ・ガリレイに対する糾弾の取り下げから、宗教改革のルターの破門の取り下げ、聖バルテルミーの新教徒虐殺の謝罪、再征服(レコンキスタ)当時のスペインのイスラム教徒への謝罪、アメリカ・インディアンの虐殺や黒人奴隷の売買、異端審問の専横にいたるまで、あらゆる機会に謝罪している」というのです。

 しかし、謝罪のテーマはこれで十分なのでしょうか。

 今回の「謝罪のミサ」に関して、欧米のメディアが「ホロコースト」に力点を置いて報道するのは理解できます。日本の新聞はたぶんに欧米の報道に引きずられる形でこの問題をとりあげています。

 しかし、過去の悔い改めなしに「新しい千年期の敷居をまたぐことはできない」(「使徒的書簡」)と語る法王の真摯な姿勢に立つとき、過去1000年間でもっとも反省すべき過ちはほかにあるのではないでしょうか。

 たとえば、アジアなど異教世界の視点でいえば、むしろ世界布教の過程で異教の神々を冒涜し、異教徒を殺戮し、異教文明を破壊してきたキリスト教・カトリックの歴史にこそ目を向けるべきではないのでしょうか。

 しかし、欧米のマスメディアがユダヤ迫害への謝罪を「不十分」と採点したように、「異教文明を破壊した罪」に対する懺悔は「抽象的で不十分」といわざるを得ないでしょう。

 大航海時代、カトリックの世界宣教にはスペイン、ポルトガルによる武力征服の隠れた目的がありました。両国の「世界二分割征服論」という荒々しい野望を推進させたのは、1493年の法王アレキサンドル6世の勅書です。異教文明の征服と破壊はここに始まり、多くの悲劇が生まれました。

 日本ではキリシタン迫害ばかりが語られがちですが、強制的改宗や社寺破壊などがあったのも事実です。それどころか1575年のグレゴリウス13世大勅書で、日本はじつに「ポルトガル領」と認められています(高瀬弘一郎『キリシタン時代の研究』)。

(ここまで、http://homepage.mac.com/saito_sy/religion/H1210JSzange.htmlから抜粋転載。)
-------追記、ここまで。-----------

-----ここから平成25年1月13日追記-----

<売国カトリック教徒の靖國乱入を粉砕せよ>
http://www.shukenkaifuku.com/past/KoudouKatudou/2009/091011.html


参考図書
  『キリスト教は邪教です! 現代語訳『アンチクリスト』』 著者 : フリードリッヒ・ニーチェ
  http://booklog.jp/users/dogma/archives/1/4062723123

-----ここまで平成25年1月13日追記-----


キリスト教という邪教精神の元に創られたアメリカを信用するな!
アメリカは日本を護らない!
それはアメリカが日本人拉致被害者を見捨てた事でも明白!
もはや日米安保は紙屑!
日本は一刻も早く離米し核武装すべき!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

変化してるアメリカの国際戦略と日本との関係
http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/16803853.html
(注: "離米"であり"反米"では無い。離米とはアメリカに頼り切っている今の関係から離れ、国として自立してアメリカと対等な関係になる事。)


--------
平成21年3月31日追記。
もはや日米安保は紙屑!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「北朝鮮ミサイルの迎撃ない」 米国防長官
2009.3.29 23:11  
【ワシントン=有元隆志】ゲーツ米国防長官は29日のFOXテレビ番組で、北朝鮮が近く長距離弾道ミサイルを発射するとの見通しを示したうえで、米領域を標的としたものでない限り、「われわれが何らかの対応をする用意はない」と述べ、撃ち落とさない方針を表明した。  北朝鮮は「人工衛星」の打ち上げと主張しているが、長官は長距離弾道ミサイルの発射実験が目的との認識を強調した。さらに、ミサイルへの核爆弾搭載が北朝鮮の長期的な目標との考えを明らかにしたが、現在搭載能力があるかについては懐疑的な見方を示した。 http://sankei.jp.msn.com/world/america/090329/amr0903292312011-n1.htm

日本は自存自衛の為、即刻(独自開発による)核武装せよ!
---追記、ここまで。-----

  ★日本は憲法と核拡散防止条約にも抵触せず核武装可能である!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200803/article_2.html

  ●アメリカは日本の核武装を望んでいた!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_12.html


  「核武装は百利あって一害なし」
  http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1143583&tid=ffckdca4o3kipaua49a4ya4ada1a9&sid=1143583&mid=8724




↓この記事が良かったと思った人はクリックして下さい^^↓
ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ

-------記事本文 ここまで--------


日本の学校教育では、先の戦争で日本はアジア諸国に対して迷惑をかけたと教えられます。
果たして、それは真実なのでしょうか?

画像

    
この旗はASEAN(東南アジア諸国連合)の旗
です。
加盟国は、
・インドネシア
・マレーシア
・フィリピン
・シンガポール
・タイ
(1967 年8月8日発足時)
・ブルネイ
(1984 年1月8日加盟)
・ベトナム
(1995年7月28日加盟)
・ラオス
(1997年7月23日加盟)
・ミャンマー
(1997年7月23日加盟)
・カンボジア
(1999 年4 月30 日加盟)
といった東南アジア諸国であり、そのASEANの旗がこの様なデザインの旗なのです。
よく、日本の国旗「日の丸」はアジアに対する侵略の象徴とかと謂われますが、それが事実では無い事は、この
「"日の丸"のデザインを基にしたASEANの旗」
を見れば一目瞭然です。

左からパラオ、日本、バングラデシュの国旗。
  ↓
画像



  ●私達の先人は大東亜戦争を戦ったのです!●
   http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/daitoua.html



インドネシア独立記念パレード
日本の軍歌を歌いながら、日本刀や竹やりを持ってノリノリでパレードをするインドネシアの人達。


http://www.youtube.com/watch?v=ElAoXeGmj2k

日本人は心優しき侍/世界から感謝される日本【独立アジアの光】
http://www.youtube.com/watch?v=RntUs2gjM3g

第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバーは、日本を大東亜戦争に無理矢理引きずり込んだのは、第32代アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトという狂気の男だったと、回想録で証しています!
http://soumoukukki.at.webry.info/201310/article_1.html



-------------------


   ★【『語る』運動から『行動する』運動へ】
   http://soumoukukki.at.webry.info/200804/article_7.html



日本人よ、真の日本の歴史を学び覚醒せよ!
そして、今まで国民を洗脳し騙し続け日本を破壊し続けて来た
【極悪反日勢力】という売国奴に対して怒り、
奴等を駆除する運動に集結し、
その怒りの鉄拳の声を売国奴どもに浴びせよ!!!!


"真の日本の歴史"を知る為の私の推薦本です。
http://soumoukukki.at.webry.info/200809/article_4.htmlで中身を少し紹介しています。又、画像をクリックするとアマゾンへ飛び、そこで読んだ人のカスタマーレビューが読めます。)
大東亜戦争の正体―それはアメリカの侵略戦争だった
通販で購入する場合は
http://www.bk1.jp/product/02643272
から買うと送料無料で買えます。

  ★愚民劣等人「日本人」、覚醒せよ!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200811/article_5.html



!!!極悪反日勢力駆除運動!!!の情報については

をチェック!



「河野談話」の白紙撤回を求める市民の会


  ↓マッカーサー(GHQ)による日本破壊という悪行の数々の一例↓
  GHQによる検閲
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/16833989.html
  GHQが行った洗脳政策WGIP
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/16834071.html
  「日教組」を作ったのはGHQ
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/17029009.html
  GHQが行った洗脳政策WGIP その2
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/17269372.html
  GHQによる日本亡国策略「公職追放」
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/19822125.html
  ↑これらの日本破壊工作は、
  所謂、東京裁判史観の一つとして
  今でも引き継がれ日本を破壊へと誘い続けている。
   故に、日本の亡国への道を閉ざすには、
   これらの日本破壊工作を粉砕し、
   東京裁判史観から解脱し、
   正しい歴史観を知り、
   日本人としての誇りを取り戻さなければならない!


「真珠湾は奇襲ではなかった」 米国務省の公文書公開
 (駐日大使グルーの国務省あての公電報)
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-773.html

アメリカが真珠湾攻撃以前に対日参戦していた証拠
http://soumoukukki.at.webry.info/201101/article_4.html

★今の「日本国憲法」は、共産主義者によって作られた
http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_5.html

●日本には法的にも"戦犯"は存在しない!
http://soumoukukki.at.webry.info/201008/article_3.html


  ★日本は憲法と核拡散防止条約にも抵触せず核武装可能である!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200803/article_2.html
  ●アメリカは日本の核武装を望んでいた!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_12.html




↓この記事が良かったと思った人はクリックして下さい^^↓
ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking







-----------


YouTubeもやっています。よろしくぅ(^o^)/

 ↓をクリックしてね!


YouTube - TotukawaAkikazuのチャンネル




【戦後保守】 が日本を破壊させた! (2011/12/20 07:13 掲載記事)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
●<転載記事> 怒れるイスラム教徒は本当に過激派か?
↓先ずはクリックして下さい^^↓ ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ ...続きを見る
草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史...
2009/03/04 18:26
★明治政府は日本の文化・歴史を破壊した !
「今の日本人は自分自身の過去についてはなにも知りたくないのだ。それどころか、教養人たちはそれを恥じてさえいる。「いや、なにもかもすべて野蛮でした」、「われわれには歴史はありません。われわれの歴史は今、始まるのです」という日本人さえいる。このような現象は急激な変化に対する反動から来ることはわかるが、大変不快なものである。日本人たちがこのように自国固有の文化を軽視すれば、かえって外国人の信頼を得ることにはならない。」 ...続きを見る
草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史...
2009/03/28 18:43
初詣を愚弄する不逞キリスト教徒
↓先ずはクリックして下さい^^↓ ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ ...続きを見る
草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史...
2011/01/01 21:47
400年以上前に南米や印度などに渡った名もなき日本人たちのこと
ブラジルサンパウロ州サンパウロ市で発行されている、日系人や駐在員向けの日本語の新聞で「ニッケイ新聞」という新聞がある。この新聞はネットでも読む事が出来るが、その新聞に2年前に連載された記事を見つけたときに衝撃を受けた。 ...続きを見る
しばやんの日々
2011/02/28 08:30
400年以上前に南米や印度などに渡った名もなき日本人たちのこと
ブラジルサンパウロ州サンパウロ市で発行されている、日系人や駐在員向けの日本語の新聞で「ニッケイ新聞」という新聞がある。この新聞はネットでも読む事が出来るが、その新聞に2年前に連載された記事を見つけたときに衝撃を受けた。 ...続きを見る
しばやんの日々
2011/02/28 08:31
●【日本人奴隷】1596年に南米に奴隷として売られた日本人 
↓先ずはクリックして下さい^^↓ ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ ...続きを見る
草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史...
2011/05/10 16:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
十字軍とサラディンは面白いですね。
rb
2009/03/02 20:29
ブログ頑張ってください!きっとこちらやユーチューブを見て考えを新たにする人達がいると思います。
おれんじ
2009/03/07 18:23
アメリカでは若者を中心に無宗教層が増加しています。キリスト教は求心力を失いつつあるようです。

変わる米国人の宗教観、若者ほど「無宗教」層が増加
http://s01.megalodon.jp/2008-0226-2332-46/www.cnn.co.jp/usa/CNN200802260020.html

また、信仰する宗教はないとの回答は、全体では16.1%だったが、18─29歳の若者では、約4人1人と高い割合になっている。
kob
2009/03/11 23:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


●日本の破壊の全ては 自民党の売国行為が発端で有る事を認識せよ !(2010/01/31 23:59 掲載記事)



【戦後保守】 が日本を破壊させた! (2011/12/20 07:13 掲載記事)






現在の私の本棚です。 全てを見るには左下の家のマークをクリック。



★キリスト教という邪教に警戒せよ! ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる