★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆反日極左「中日新聞」に物申す!

<<   作成日時 : 2008/12/06 14:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

・平成19年8月1日、中日新聞は、

米下院の慰安婦謝罪要求決議に関してのニュースを、ネットに通常出さない二面を開いた右上欄を使用し、「核心」

という特集記事を載せた。
内容は

「米下院が慰安婦謝罪要求決議
阿部首相米からも痛撃 
■歴史認識変化に不信 無視なら日米間の火種に
 米下院が三十日の本会議で、第二次世界大戦中の従軍慰安婦問題に対し、日本政府に公式謝罪を求める決議を全会一致で採択した。」
  
というもの。
同じニュースを
産経新聞が
「10人で、発声で投票
決議案の共同提案者は下院議員総数435人のうち167人に上ったものの、
決議案が採決された際に本会議場にいたのは、わずか10人程度。
発声による投票の結果、出席者から異論は出なかったため採択された。」
と書いている。
「米国民を代表する議員の意思表示」は、
本会議から退席した、というところに現れている。
つまり
「ほとんどの議員(424人?)は棄権・無視し、議場に来なかった、または退出した。
 だが、賛成の10人程が議場に残り、声で投票。反論がないので可決とした」
というのが事実なのに中日新聞はそれを偏向報道した。
http://nyoze.seesaa.net/article/50005189.html

-------------
・平成20年11月16日の

<週のはじめに考える 「制服」暴走の悪夢>
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2008111602000068.html

という記事に

■「すべてがコミンテルンの思惑通りに動いていたのだとしたら、近衛文麿、松岡洋右、東条英機といった当時の指導者たちは単に飾り人形にすぎなかったのでしょうか。」
と書かれているが、



「われ巣鴨に出頭せず」(近衛文麿と天皇)工藤美代子著によると、
昭和十一年に設立された昭和研究会は、近衛文麿のブレーンとして活躍した後藤隆之助が主宰していた。
昭和十二年四月、その昭和研究会に朝日新聞記者の名刺を持った尾崎秀実がこの会に加わってきた。
紹介者は同じ朝日の記者で論説委員の佐々弘雄や近衛側近の風見章である。

 尾崎秀実はそもそも台湾で生まれた。明治三十四年というから、昭和天皇と同じ年の生まれである。その尾崎はやがて一高から東大へ進み朝日新聞社に入社した。すでに学生時代からマルクス主義の強い影響を受け、台北育ちということも関係してか中国、民族問題に関心を寄せていた。やがて大阪本社へ移動後、昭和三年には上海支局勤務となる。これが尾崎の人生を決定的に変える転機となった。
 中国共産党との深い関係に没入し、日本との闘争を支援する各種の運動に加わってゆく。そこへ現れたのが中国共産党を支援する活動を積極的にしていたアメリカ人ジャーナリストのアグネス・スメドレーだった。
 スメドレーはたちまち尾崎を虜にし、尾崎もまたそれに応え情報を渡し続けた。・・・・・
 尾崎はいずれにせよ日本から支局に送られてくるあらゆる情報をアグネスのために提供したのである。もちろん、朝日情報に限らず、昭和研究会からの情報も多々含まれていた。
 その見返りにスメドレーはドイツ人ジャーナリスト、リヒャルト・ゾルゲを、この方「優秀」なのよ、といって尾崎に紹介した。昭和六年である。
 ゾルゲは上海でスメドレーと知り合うと、間もなくふたりは同棲生活に入っていた。ゾルゲの表の顔はドイツの新聞記者だったが、実際にはコミンテルン情報局や赤軍の諜報活動のために働く「優秀な」エージェントだった。どういうわけか尾崎もゾルゲも吸い寄せられるように上海へ、そして東京へやって来た。
 それらはちょうど張作霖爆殺事件から上海事変、満洲事変までは支那にいて、その後支那事変から汪兆銘国民政府樹立、仏印進駐といった大事な外交、軍事問題のすべてに関わる期間にぴったり重なっていたのだ。

 近衛内閣が成立するや、首相秘書官の牛場友彦の引きで朝日新聞社を退社して内閣嘱託の仕事に就いた。これも奇怪だったが誰もその正体を知らないのだから仕方がない。朝日には尾崎、佐々のほかにもう一人中国通がいた。笠信太郎(りゅう しんたろう)である。
 尾崎は昭和十二年六月、首相官邸の地下に自室を持ち、そこであらゆる書類や出入りする人物の情報を苦もなく手に入れることになった。それがすべてゾルゲに知らされ、クレムリンは赤子の手を捻るより楽々と日本の動向を入手していたのだ。

 忙しい情報提供者を楽にさせようと考えた尾崎は、いつも夜やっていた会合を朝に変更し自らが幹事に就いた。これが「朝食会」と呼ばれるものだ。・・・・・
 昭和研究会の一部として支那問題研究部会が設けられ、名称は東亜政治部会、民族部会と変更しながらも十五年秋ごろまで続き、朝食会だけが近衛内閣の最後まで続けられた。

 主な参加者を列挙しておくと、後藤隆之助、蝋山政道、風見章、賀屋興宣、唐沢俊樹、三木清、有田八郎、佐々弘雄、笠信太郎、和田耕作、矢部貞治、牛場信彦、牛場友彦、犬養健、西園寺公一、岸道三、松本重治、富田健治、清水幾太郎、大河内一男、勝間田清一、芦田均、三浦鉄太郎、高木八尺、そして尾崎秀実である。

 尾崎の企みに気がついた者は、誰ひとりいなかった。少なくとも昭和十六年春ころまでは。ゾルゲ・グループを実際に追っていたのは、内務省の共産主義者を扱う特高警察の仕事だった。軍事情報を流す通信傍受などから一味のメンバー北林トモ、宮城与徳らが先ず内偵の対象となり、やがて的はゾルゲに絞られていった。
 十月十五日水曜の朝、ゾルゲが虎ノ門で尾崎を待つことになる数時間前、麻布で朝食会が開かれる予定になっていた。幹事の尾崎を皆がやはり待っていたが尾崎は現れなかった。代わりに朝食会の幹事が特高に逮捕されたという情報が入り、全員が色を失った。
 洋裁学校教師の北林トモや、洋画家宮城与徳ら元アメリカ共産党員らが逮捕されたことに始まって、尾崎、ゾルゲ、クラウゼンら主役が検挙された。さらに情報提供者、すなわちスパイ幇助罪で西園寺公一、犬養健らが逮捕されるに至った。
 尾崎とゾルゲには十九年十一月七日、死刑が執行され、西園寺には一年半(執行猶予二年)の判決が下り、犬養は無罪となった。・・・・・

 もとより昭和研究会も新体制運動も日増しに強くなる軍閥に対抗する目的で始められたものだ。そこから発せられた情報は「優秀な」ドイツ大使館員の仮面の下に直ちにモスクワへ送られた。

 昭和十六年、ヒットラーが独ソ不可侵条約を破ってソ連に侵攻する日時くらいは誰よりも早くドイツ大使館にいれば分かった。 ヒットラーに頼まれて日本軍は同じく十六年七月、関東軍特別大演習の名目で大部隊を朝鮮半島に集結させた。その時、尾崎が朝食会のメンバーに進言したのは北進から南進への大転換論だった。
 尾崎の主張だけで近衛が最終決定したとは思えないが、ともかく日本軍は尾崎の論法どおり北から南へ転換した。仏印進駐である。スターリンはゾルゲの情報のすべてを信用したわけではなく、一部軍隊を満洲国境に残したと戦後に分かるが、いずれにせよクレムリンの前で日本は丸裸同然だった時期があったことだけは確かだった。

 そのことについては二十年二月、近衛上奏文として近衛自身が天皇に詫びる言葉を残した。遅過ぎたかもしれない。だが、不覚と不明を近衛ひとりの責任にかぶせて彼を責める資格は誰にもない。
http://vaccine.sblo.jp/article/1390716.html

また、
■「昭和天皇を含めて政治指導者から大半の国民に至るまで、この道しかあるまいと思って突き進んでいった結果が大東亜戦争につながり、日本人自らも多大の犠牲を伴ったと同時にシナ、韓国など近隣諸国に極めて大きな被害をもたらした事実を忘れてはなりません。」
と書かれているが、

先にも述べた様に、当時の日本にもアメリカ同様に尾崎秀実をはじめとするコミンテルンのスパイ工作員が暗躍しており、それらのスパイ工作員により昭和天皇を含めて政治指導者から大半の国民に至るまで操られていた。
当時、日本は国際法上、合法的にシナ大陸に進出していたが、シナ大陸では、日本に対する抗日運動が盛んに発生しており、主なものを列挙すると、

・昭和3年5月3日、シナ国民革命軍が山東省済南市に入城した際、シナ国民革命軍の兵士が日本人商店で掠奪行為を起こしたのがきっかけになり日本軍と衝突した。
その結果、日本人居留民の惨殺14名、暴行侮辱30名余、レイプされた日本人女性2名、掠奪被害戸数136名、被害人員約400名を出した。
所謂、済南事件である。
・盧溝橋事件発生から3週間後の昭和12年7月29日夜10時頃、北京の東方に位置する通州で、済南事件を上回る日本人居留民虐殺事件が発生した。これは通州事件と呼ばれている。
当時、通州には親日政権の「冀東防共自治政府」が設立され、一万余りの保安隊を擁していた。日本側はこの冀東保安隊を信頼していたため、自身の兵力はほとんど配置していなかった。
事件の原因は、盧溝橋事件の直後、国民党ラジオでデマ放送を流したことだった。「日本軍は敗走した。29軍は大挙して冀東を攻撃する。『偽都』通州の敵を屠り、『逆賊』殷汝耕主席を血祭りにあげよ」
この放送を鵜呑みにした通州保安隊千数百名は、すぐさま国民党に寝返り、突如日本軍を襲撃したのである。彼等は日本側の兵力が手薄なことを利用し、小銃や機関銃を乱射しながら日本人居留地に突入し、虐殺、凌辱、掠奪のかぎりを尽したのである。
これにより現地の日本人385名のうち、幼児12名を含む223名が虐殺された。多数の女性は強姦された後、陰部を銃剣で突かれえぐり取られた。首に縄をかけられ引き回しにされた上、目玉をえぐられた者もいた。牛のように鼻に針金を通したまま殺された子供や、生きたまま片腕を切断された老婆もいた。
これらは、すべて中国伝統の虐殺の「作法」である。通州事件は中国の抗日戦史のなかでは「反正」(親日政権に対する正義の反乱」や「義挙」などと評価されている。愚昧な保安隊による単なる虐殺事件にすぎないのにだ。
この事実は、東京裁判で弁護側から提出された証拠に記録されている。だが、この事件に関する証拠は却下された。なぜなら、中国人の暴挙の事実が明らかになると、連合国側の不利になると判断されたためである。

つまり、先に手を出して来たのはシナであり、日本はそのシナの被害者だったのであり、日本はシナ大陸に国際法上合法的に進出していた日本人を護る為に日本軍をシナ大陸に送り込んだのであって、侵略する為では無かったのだ。
故に、日本がシナに対して大きな被害をもたらしたなどという事実は存在しない!
それどころか、逆に【日本がシナにより大きな被害を被った】のである!



日本が行った日韓併合は、、平成13年11月16,17日に日本が行った韓国併合が無効であるという韓国の主張を元に開かれたアメリカ マサチューセッツ州ケンブリッジ市シェラトン・コマンダーホテルにてハーヴァード大学全面協力でアメリカ、イギリス、韓国、それから日本の学者が集まり行われた第3回韓国併合再検討国際会議にて、
国際法の専門家でケンブリッジ大学のJ.クロフォード教授の主張により
「日韓併合は有効で有り当時の国際法に当てはめても合法で有る」
という結論が出されている。
また、この会議に出席した県立広島大学の原田環教授が書かれた「第二次日韓協約調印と大韓帝国皇帝高宗」という題の論文によると、第二次協約の調印のときに高宗という王と、 その周りに5人の大臣たちがいたが、その5人の大臣たちが、すべて終わった後に王に上奏文を提出しており、同協約の締結に関して韓国の高宗皇帝が、日本側の協約案を修正し調印する方向に、すなわち交渉妥結ということで一貫した行動をとったということを実証された。
したがって、第二次日韓協約は韓国の高宗皇帝の意図に沿って行なわれたものだったということが分かってしまったのである。
http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/16803818.html

これにより、日本は韓国と北朝鮮を植民地にして無いという事実が明らかになる。
日本が行ったのは併合であり植民地政策では無い。
これはイギリスが行ったスコットランド併合と同じ事である。
この併合により日本は、完全に財政破綻していた朝鮮半島に対して当時の日本の国家予算の三割を投入した。
また、併合により朝鮮人を日本人と同等に扱い、朝鮮人の国会議員、朝鮮人の都道府県知事、朝鮮人の大学教授、朝鮮人の軍人、そして朝鮮人の貴族まで存在していた。
これらの事実の何処に
「韓国など近隣諸国に極めて大きな被害をもたらした事実」
というものが存在するのか?
日本は韓国に近代文明を授けたのであり、日韓併合が無かったならば韓国は未だに未開の地のままである筈だ。
日本は韓国、北朝鮮に感謝されるべき立場であり、責められる立場では無い!

そして、
■「わが国が先の大戦で他国にどんな侵略的行為を行ったのか、という事実の確認とその後の対応です。」
と書かれているが、

今、述べた様に日本はシナ、朝鮮半島に対しては侵略行為などして無いし、ましてや、他のアジア諸国に対しても侵略行為など行って無いのは明白な事実である。

  私たちの先人は大東亜戦争を戦ったのです
  http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/daitoua.html


-------------


   中日新聞は東京裁判史観により捏造された自虐史観による日本国と日本国民を不当に貶める反日的な偏向・捏造報道を止めよ!


↓この記事が良かったと思った人はクリックして下さい^^↓
ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ




クリック !→一度でも民主党に政権をとらせたら間違い無く貴方の生活は破壊される!!!



   ★【『語る』運動から『行動する』運動へ】
   http://soumoukukki.at.webry.info/200804/article_7.html


ココをクリックして「行動する保守運動」の記録動画を是非見て下さい!



日本人よ、真の日本の歴史を学び覚醒せよ!
そして、今まで国民を洗脳し騙し続け日本を破壊し続けて来た
【極悪反日サヨク】という売国奴に対して怒り、
奴等を駆除する運動に集結し、
その怒りの鉄拳の声を売国奴どもに浴びせよ!!!!


"真の日本の歴史"を知る為の私の推薦本です。
http://soumoukukki.at.webry.info/200809/article_4.htmlで中身を少し紹介しています。又、画像をクリックするとアマゾンへ飛び、そこで読んだ人のカスタマーレビューが読めます。)
大東亜戦争の正体―それはアメリカの侵略戦争だった
通販で購入する場合は
http://www.bk1.jp/product/02643272
から買うと送料無料で買えます。

  ★愚民劣等人「日本人」、覚醒せよ!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200811/article_5.html



!!!極悪反日サヨク駆除運動!!!の情報については
主権回復を目指す会
をチェック!



「河野談話」の白紙撤回を求める市民の会


  ↓マッカーサー(GHQ)による日本破壊という悪行の数々の一例↓
  GHQによる検閲
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/16833989.html
  GHQが行った洗脳政策WGIP
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/16834071.html
  「日教組」を作ったのはGHQ
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/17029009.html
  GHQが行った洗脳政策WGIP その2
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/17269372.html
  GHQによる日本亡国策略「公職追放」
  http://blogs.yahoo.co.jp/l2l_haijin_l2l/19822125.html
  ↑これらの日本破壊工作は、
  所謂、東京裁判史観の一つとして
  今でも引き継がれ日本を破壊へと誘い続けている。
   故に、日本の亡国への道を閉ざすには、
   これらの日本破壊工作を粉砕し、
   東京裁判史観から解脱し、
   正しい歴史観を知り、
   日本人としての誇りを取り戻さなければならない!


★大東亜戦争を仕掛けたのはアメリカとソ連だったのは100%明白になった!
http://soumoukukki.at.webry.info/200809/article_4.html
★今の「日本国憲法」は、共産主義者によって作られた
http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_5.html


  ★日本は憲法と核拡散防止条約にも抵触せず核武装可能である!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200803/article_2.html
  ●アメリカは日本の核武装を望んでいた!
  http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_12.html

  「核武装は百利あって一害なし」
  http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1143583&tid=ffckdca4o3kipaua49a4ya4ada1a9&sid=1143583&mid=8724



↓この記事が良かったと思った人はクリックして下さい^^↓
ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking


-----------


YouTubeもやっています。よろしくぅ(^o^)/
 ↓をクリックしてね!


YouTube - zzzhaijinzzzのチャンネル


-----------




【戦後保守】 が日本を破壊させた! (2011/12/20 07:13 掲載記事)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
家では新聞を取ってないのでたまに外出先で読むことがあるのですが、中日新聞の偏向報道は本当にひどいですね。たまに読むだけでも頭にくる記事によく出会います。「従軍慰安婦」「強制連行」といった死語さえまだ堂々と使われています。電凸したこともありますが、「柳に風」という対応ぶりでした。虚構だとわかっていて載せているとしか思えません。

「書いてあることが本当かどうかは読者が判断するしかないのですね」と言ったら「読者も大人なんだから」と言われましたよ。お金を払って新聞を取っている人間を馬鹿にしています。お話しになりません。おそらく特定団体向けにそういう記事を載せているのでしょう。また中部地方はおっとりした地域性のあるところですから、読者から苦情や怒りの電話が来ることがあまりないのだと思います。読者が新聞をこんな風にしてしまったのかもしれません。ボイコットするか読んで新聞社にクレームするしか中身を変える方法はないでしょう。期待は持てないけど。
チャチャ
2008/12/06 20:46
打倒ドラゴンズ!

怒られるかな・・・・。
RB
2008/12/06 20:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


●日本の破壊の全ては 自民党の売国行為が発端で有る事を認識せよ !(2010/01/31 23:59 掲載記事)



【戦後保守】 が日本を破壊させた! (2011/12/20 07:13 掲載記事)






現在の私の本棚です。 全てを見るには左下の家のマークをクリック。



☆反日極左「中日新聞」に物申す! ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる