★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★

アクセスカウンタ

zoom RSS ●T・ルーズベルト米大統領の手紙発見 日本軍称賛の旅順攻略ルポ 「興味深い」

<<   作成日時 : 2008/03/13 13:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

日露戦争中に(共和党の)セオドア・ルーズベルト(Theodore Roosevelt, Jr、第32代大統領フランクリン・ルーズベルト(民主党)は彼の従兄弟に当たる)米大統領が知日派の友人に送った手紙が、米国ボストンで発見された。手紙には日本陸軍の旅順攻囲戦に従軍した米国人記者の戦況報告書が添付されていた。ルーズベルトは日本陸軍の戦いぶりを高く評価する報告書を「とても興味深い」と友人に紹介している。日本に好意的だったルーズベルトを知る歴史的資料として専門家から注目を集めている。

 手紙は1905年1月9日付で自筆のサイン入り。米富豪でボストン美術館の浮世絵コレクション収集にも貢献したウィリアム・ビゲローにあてられたもので、ビゲローの知人が所有していた。ルーズベルトは知日家のビゲローと日本について意見を交換していたとみられる。


 報告書は、米雑誌の戦争特派員、ジョージ・ケナンが04年末、旅順攻囲戦を展開中だった日本陸軍について分析したもの。ケナンは、日本陸軍が旅順を攻略すると予想し「彼らを止めるものは何もない」と断言。軍人の忍耐強さや勇敢さについても「決死隊を組む際に志願者を2回募る必要はない」などと称賛している。ルーズベルトは手紙のなかで、自らも前夜に日本海軍の将校と会談したことを伝え、「海上における日本の危機は去ったようだ」と戦況を分析している。

 ケナンに詳しい英国人研究者の井上ラウラさんは「ケナンはルーズベルトと文書をやり取りしていたが、この報告書は初めて見る」とし、「旅順での戦い方が詳しく書かれ、とても面白い内容。(手紙からは)ルーズベルトがケナンの文書を高く評価していたことが分かる。ケナンの記事を多くの有権者が信じたことも、大統領がこの報告書を重視した一因だろう」と話している。
2008.3.13 10:55 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080313/acd0803131117007-n1.htm


・主権回復を目指す会

「河野談話」の白紙撤回を求める市民の会
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking





【戦後保守】 が日本を破壊させた! (2011/12/20 07:13 掲載記事)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
日露戦争の日本軍は偉かったのですね。
rb
2008/03/13 14:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


●日本の破壊の全ては 自民党の売国行為が発端で有る事を認識せよ !(2010/01/31 23:59 掲載記事)



【戦後保守】 が日本を破壊させた! (2011/12/20 07:13 掲載記事)






現在の私の本棚です。 全てを見るには左下の家のマークをクリック。



●T・ルーズベルト米大統領の手紙発見 日本軍称賛の旅順攻略ルポ 「興味深い」 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる